616日ぶりにあなたに会った日

2021年9月18日。



わたしにとって忘れられない大切な日
になりました。



当落の出た6月10日から
ずっと楽しみにしていた1日。



あっという間に終わっちゃったなぁ。





土砂降りの中びしょ濡れになりながら歩いて
朱鷺メッセへ向かったあの時間も
今となればいい思い出だ。



616日ぶりに会うあなたは
わたしにとってJr最後の姿で、
やっぱりデビューするという覚悟
を感じられた。



前よりももっとかっこよくて可愛くて輝いてるあなたはわたしには少し眩しすぎて、
ただでさえ遠くにいたのに
もっともっと遠くに行ってしまった気がして
少し寂しくもなった。



久しぶりに生で聞けた優しい声も甘い歌声も、
久しぶりに生で見れた可愛いのかっこいいも
備え持つ顔も、
全部が懐かしく感じて涙が止まらなかった。



もう2度と聞くことがないかもしれないオリ曲、
これで最後かもしれない先輩の歌を歌う姿、
最後の関西ジャニーズJr.西畑大吾
噛み締めて見ていた。



やっぱりわたしは

繊細で緩急のついたダンスが大好きで、

気が付いたらネジが外れてようにぶっ飛んでしまう姿も大好きで、

どの場面を切り取っても
わたしの大好きなだいごくんしかいなくて
本当に幸せな瞬間だった。



もしかしたら勘違いかもしれない。
でもわたしはだいごくんと目が合って、
うちわの文字を見て微笑んでもらえた。
そんな感じがした。



やっと、やっと、、
だいごくんに直接デビューおめでとうって伝えられたよ。




だいすきでだいすきで一生離れたくなくて仕方なかった関西ジャニーズJr.の西畑大吾くんに
今まででのありがとうを伝えてちゃんと2か月後ばいばいできる準備ができた気がする。




Jrでもデビューしてても
わたしが西畑大吾を好きという気持ちは
変わらないんだなと実感した。



それと同時にデビューした貴方に会うのが
楽しみにもなった。



また早く会いに行けますように…



関西ジャニーズJr.の西畑大吾くん!
たくさんの幸せをありがとう〜!

拝啓 世界でいちばん幸せになって欲しい貴方へ

シャキーン!!参上(^o^)/!!



いつもと同じブログの始まりに思わず涙が溢れた。



ひとことで言うと安心したから。
だいごくんはわたしのだいすきなだいごくんのままだ、そう感じた。



わたしが今までデビューに対してモヤモヤしていたのはだいごくんが変わってしまうのがこわかったからなのかもしれない。



それを見透かしたようにいつも通りでいてくれただいごくんを益々好きになった。



だいごくんの言葉のみで聞いたデビュー決定。
今度こそ泣かずに読み切って最後に笑顔でおめでとうって言おうと思ったのに…
1行目から泣いてしまった。
わたしはどこまで担タレなのだろう。



延期や中止などの良くないお知らせは火曜日に発表が多く、本人たちは何も悪くないのにいつも一番最初に謝るだいごくんのブログを読むのは心が痛かった。



そんな中デビュー決定という今までで1番の幸せなお知らせ後のブログの最後がだいごくんなのは何か感慨深いものがあった。





わたしはだいごくんから発せられる言葉が、
だいごくんの紡ぐ言葉が大好きだ。



文字にするのが難しい嬉しさや幸せをだいごくんのは言葉で表してくれるだいごくんのブログが大好きだ。







ある日言われた名前を背負って、

プラチナのジェットに乗り、

足跡のない未来へ。

皆さんと共に。





この言葉がだいごくんの全てを表していると思う。



いつでもわたしたちファンも含めてくれるだいごくんが大好きだ。







PS2
西畑担のみんなへ



この文字を見た時涙が止まらなかった。



今までもJr.大賞の後などに西畑担にメッセージを書いてくれることもあったが、
やっぱりいつもみんなに平等にメッセージを送るだいごくんからの西畑担だけに送られる特別なメッセージには弱い。





おまたせ。
本当に待たせたね、ごめん。



貴方は最初にこの言葉を並べた。




待たせたねなんて言わないで、わたしは貴方が好きで着いて行っただけなんだからね。
デビューを夢見る貴方を追いかけ続けたこの5年間ずっと幸せだったよ。



確かにデビューは嬉しいし幸せだ。
でも西畑大吾というひとりのJr.を応援し続けたのはデビューして欲しかったからだけではない。
貴方のことが好きだったから。





夢、叶ったよ。



この言葉で最後の涙腺のストッパーが壊れた。



西畑担に直接報告してくれてありがとう。
人の夢を応援してその夢が叶うのってこんなに幸せなことなんだと改めて実感した。





貴方が思い出した楽しかったこと、喜んだこと、
辛かったこと、悔しかったこと。



10年間色々なことがあったよね。
貴方の記憶の中にわたしがいることはきっとない。
でも全てではないけれど貴方の思い出を共有できたこと、貴方と気持ちを分かち合えたこと、わたしの思い出の中に貴方がいること、
全てがわたしの幸せです。





わたしも貴方がいたからここまで頑張ってくることができたんだよ。
いつも貴方がわたしの生きる活力なんだよ。
貴方と深い絆と愛で繋がっていること誇りに思います。





たくさんいるアイドルの中から関西ジャニーズJrの西畑大吾に出会えたこと、貴方にときめいたこと、貴方を好きになったことこと、
その全ての運命に感謝です。





多分届いていないだろうけれど、
貴方はいつも届いてると言ってくれる応援と愛。



これからも届くことはないだろうけれどめげずに今までも以上に送りたいし、今まで以上にだいごくんのこと甘やかしちゃおうと思います。
だから、わたしのこともたくさん愛してね。







10年間本当によく頑張りました。
たくさん泣いたしたくさん笑ったね。
これからもあと数ヶ月の関西ジャニーズJr.なにわ男子の西畑大吾くんと、
デビューしたなにわ男子の西畑大吾くんとたくさん思い出を作る準備はできてるよ。
こちらこそ末永くよろしくお願いします。







西畑大吾に愛される西畑担人生
幸せだぁぁぁぁあああ!!!!!!!

彼と夢を追い続けて

関西Jr.の西畑大吾くんとお別れする前に私と彼の5年間を振り返ってみようと思う。



だいごくんに出会ったのはちょうど5年前の夏、
私が中学1年生だった時。



重岡担の友人のおすすめで見た
「go WEST よーいドン!」回のまいジャニ。



ジャニーズのはずなのに何故かお笑いやらされて、しかもすべってしまった可愛い顔をしている子に一目惚れした。



重岡担の友人曰く、わたしには見る目があったらしい。



教えてもらった「西畑大吾」という名前をノートにメモして家に帰ったことを覚えている。



ずっと女の子のアイドルのオタクをしていた私にとってジャニーズは無縁で、ジャニーズのJr.という制度さえ知らなかった。



家に帰ってすぐ、だいごくんの動画を見漁りながらジャニーズJr.のことを勉強した。



好きって気持ちは恐ろしい。たったの2時間で10人近くの関ジュの名前と顔を一致させ、関ジュの今までを何となくだが理解した。



そして、私とだいごくんの出会いはこの日ではないことに気づいた。



ごちそうさんの西門活男くんだったのだ。



そこまで熱心に見ていたわけではないが、彼のことは覚えていた。



綺麗な涙を流す子だなと思っていたからだ。



これは運命の再会だ。私とだいごくんは運命なのだ。



きっとただの偶然だが当時の私はそう確信し、ジャニオタに、西畑担になると決めた。



当時スマホを持っていなかった私にとって情報を手に入れる手段はテレビ誌しかなく、
毎週水曜日はコンビニに行って立ち読みをしていたのを覚えている。



まいジャニ以外のテレビで見れるだいごくんは貴重でその知らせを知る度に泣くほど喜んだ。



情報局に入ることもできずだいごくんに会うことができなかったし、
今みたいにオンラインショップがあった訳でもなかったから、
当時の私がだいごくん関連で持っているものといえばドル誌しか無かった。



今思えばあの時はファンではなく少し興味を持っている人程度だったのかも知らない。



それでも、今と変わらずだいごくんへの思いは誰にも負けない精神でいつか会える日が来ることを願っていた。







あの日は突然訪れた。



2018.10.4、中3になってスマホを手に入れていた私はいつものように学校から帰ってTwitterを漁っていた。



そこで目にした「なにわ男子結成」の文字と共に映るだいごくんの写真。





私は驚きより先に涙が溢れた。





そこにだいごくんと共に映ってメンバーの中に、私がいつもだいごくんの隣にいるのを見ていた彼らがいなかったから。



あまり過去のことをどうこう言うのは好きではないが、私は西畑大吾向井康二が、こじだいが大好きだった。




リアルタイムでは6人が自然消滅という形になってからのだいごくんしか知らない私にとって、
メインと呼ばれる4人はグループのようだった。



きっと無理だということはわかっていた。でもそれでもこの4人でデビューして欲しかった。



デビューはできなくてもずっと4人で並んで笑っていて欲しかった。



だいごくんの努力はこうじくんの努力と一緒に報われて欲しかった。



だいごくんを支えられるのはこうじくんしかいないと思っていた自分もいた。





正直年齢も歴もバラバラな7人を正直中々受け入れることができなった。



それと同時にこの7人を4年ぶりの関西Jr.のユニットにした事務所の本気さを感じた。



ああだいごくんはこのグループでデビューするんだ。



だいごくんの夢が叶うんだ。



そう思ったら応援するしかないじゃん!という気持ちも芽生え始め、でもやっぱり大好きな過去を忘れられずに私は西畑担を続ける決意をした。



私の1番好きなだいごくんは、まいジャニ100回記念回で将来の夢はCDデビューだと公言していただいごくんだ。



あの時とは隣にいるメンバーは変わってしまったが、私はだいごくんの思いはあの時から変わっていないと思っている。



それにだいごくんは過去を大切にできる人だ。



少し寂しさもあったけれどだいごくんの新しい夢を応援しようと心からそう思えた。





最初はたくさん辛いこともあった。



元々関西Jr.の先頭にいただいごくんは様々な心無い声をぶつけられていたが、
結成直後は比べ物にならないほど多かった。



それでもだいごくんはその声をしっかり受け止めそしてメンバーの追い風に変わるように始めのころは全部1人で背負っているように見受けられた。



あれ?グループができたのに何にも変わってないじゃん。なんなら守るべきものが明確になってだいごくんがより苦しんでるだけじゃん。



その時の正直な私の感想だ。





正直今も心無い声は7人にたくさん届いてしまっているのだと思う。



でも今は違う。



だいごくんが頼れるようになったから。



グループの力って偉大だと思った。



これに気づいた時初めてなにわ男子をちゃんと好きになれた。







だいごくんは誰もがセンターの似合うグループになりたいと言った。



その意見にはもちろん賛成。



センターに執着している訳では無いが、でも私はだいごくんに真ん中で輝いていて欲しい。







これまでもこれからもずっと隣の可愛いの具現化
大西流星くん、

とにかく顔の良い実は不器用な圧倒的エース
道枝駿佑くん、

一見クール泣くと赤ちゃんみたいな愛されキャラ
高橋恭平くん、

衣装センスの塊の下半期ラッキーボーイマンネ
長尾謙杜くん、

誰よりも夢を追い続けた唯一のお兄ちゃん
藤原丈一郎くん、

マブでいつでもだいごくんの味方の愛されリーダー
大橋和也くん、


この最強な6人に囲まれているなにわ男子のセンター西畑大吾くんが私は好きだ。



結成前みたいに、絶対的エースじゃなくていい。



貴方らしい貴方でいて欲しい。





最近肩の荷が降りたとか、前は気を張りすぎていたとか、そういう話を貴方の口から聞くようになりました。



それだけ、今はなんでも打ち明けられる仲間ができたってことだよね。



この話を聞く度過去を思い出して泣きそうになるけど、でもそうやって言える日が来たことが私は嬉しい。





なにわ男子が結成されてから2年半以上。



怒涛の2年半だったね。たくさん活躍したね。



なにわ男子の西畑大吾くんにはまた今度思いを馳せようと思う。

そして願いが光を纏った

2021.07.28、大好きな人の夢が叶った。
そう、西畑大吾くんの、なにわ男子の、
デビューが決定したのだ。



わたしはその場にいることはできなかったが、
学校で橋橋担の友人と、そして約11万人のなにふぁむさんと生中継を見守った。



なにわの日、正直デビュー発表があるんじゃないかという期待が心のどこかにあった。



それと同時に今まで何度も「今日がその日」だと期待しては落胆したことを思い出して怖くなったりもした。



デビューするなら今日しかない。
今日を逃せばデビューは無いに等しい。
そんな不安の混ざった期待に、それなりの覚悟を決めて配信を見ていた。





7人がコーナーの内容を掴めてないとわかった時、ああやっぱりそうだ…と確信の中に残っていた少しの不安が無くなった気がした。



大西畑が最初に呼ばれた時、
デビュー発表を読み上げるのがだいごくんではなかった少しの悔しさと寂しさと共に、
それ以上のだいごくんが全部ひとりで背負う必要が無くなったことを再確認した喜びが込み上げてきた。



会場が暗くなり心電図の音が聞こえ始めたあの時、
今までのだいごくんの活躍が走馬灯のように私の頭の中を駆け巡った。



デビュー決定の文字が出るまで、デビューの確証を得るギリギリまで不安そうな顔でスクリーンを見つめていただいごくんの顔を私は一生忘れられない。



私たちがデビューを何度も期待していたように、きっと本人たちだって何度も期待していたに違いない。



何度も期待通りにならなかった過去の重圧や彼らの抱えてる不安が目に見えたような気がした。



だいごくんに似て涙脆いわたしはデビュー発表は絶対に泣かないで目に焼き付けると決めていたが、
やっぱりだいごくんの、好きな人の涙には弱く少しうるっときてしまった。



だいごくんの泣く姿は何度も見たことがあったが、
デビュー決定を噛み締めながら涙を流す姿は今までで1番綺麗だった。







ずっと夢に見ていたデビュー…







大好きなだいごくんの夢であり、私の夢。



大きなお仕事が決まる度にデビューが先じゃないの!?と不安に思ったり、
朝起きてTLが騒がしいと何度もデビュー!?なんて期待したりもした。





その夢が叶った瞬間、嬉しいだけじゃない色々な感情が爆発して私は涙を流すこともできずただただ立ち尽くしていた。



早くだいごくんにおめでとうとありがとうを伝えたくなった。





デビュー、
それは全てのJr.とJr.担が夢に見ていること。





だいごくんが初めて好きになったジャニーズだった私にとって自担のデビューをお祝いするなんてことは初めてで、
信じられなかったし、実感がわかなかった。



正直今もまだ夢なんじゃないかと思ってしまうほど…





でも夢じゃないんだよね?信じていいんだよね?





だいごくんがデビューするんだ…





と喜びに浸っている中で、どこかその事実に追いつけていない自分もいた。







私は関西Jr.の西畑大吾が好きだ。大好きだ。







リアルタイムで応援することは出来なかったけど、もう揃うことはない6人でデビューを目指していた頃の彼も、



個人戦だったがみんなで大きなひとつの家族で、
3人に支えられながらその真ん中にいた頃の彼も、



本気で笑って本気で泣けて本気で狂ってる自分をさらけ出せる大好きな仲間に出会った彼も。



正直、関西Jr.では無くなってしまう彼を今まで以上に好きでいられるか不安な気持ちもあった。



なにわ男子が結成されて3年弱。



風当たりが強かった頃、1番前で受け止めてくれたのは紛れもなく貴方だった。



きっとそれは貴方が大好きななにわ男子を守りたかったからだと思う。



あの時は貴方が壊れてしまわないかと心配で気づけなかったグループとしての大切なあり方がやっとわかった気がする。



今はもう貴方の愛するなにわ男子を愛し続ける自信しかないよだいごくん。







隣にいた仲間が別の道に進むと決めたあの日、



巣立っていく仲間を見送り涙したあの日、



頑張りすぎて倒れてしまったあの日、



1人で全部抱え込んでいたあの日、



あなたが関西Jrの、なにわ男子のセンターにいたと過去形で話したあの日。



貴方のJr人生は楽しいことばかりではなかったはず。



何度も辞めようかと悩んだこともあったと思う。



ここまで夢を追い続けてくれてありがとう。





貴方を好きになってはや5年。



何をしていても頭の中は貴方のことばかり。



貴方色で染まった私の毎日はとても幸せです。



報われない努力もある不公平なこの世界でだいごくんの努力が報われたのは、だいごくんがみんなに愛されていたからだと思うんだ。



だいごくんを愛する人の1人でいられることが私の誇りです。



改めて、デビュー決定おめでとう。



そして、たくさんの素敵な景色と夢を一緒に見させてくれてありがとう。


もちろん、これからも末永くよろしくお願いします。





なにわ男子の未来に幸あれ❕





P.S

関西Jr.の西畑大吾くんに直接おめでとうとありがとうを伝えて、ちゃんとばいばいしてきます。